NIKON D750で野鳥撮影をしています♪主に関東近郊で活動していますが、日本中を周るのが夢です。

HAPPY BIRDS*野鳥撮影の旅

D750 @青森県*十二湖

憧れの赤い鳥を求めて・・・

更新日:

6月の梅雨の晴れ間に、秋田県と青森県へ遠征に行ってきました。大好きな一泊旅行です。

今まで、アカショウビンは、出会える予感も出会うつもりもなかった鳥さんでした。

それほど、憧れが強く遠い幻の鳥さんだったのですが、今回はひょんなことで行くこととなりました^^

鳥以外にも旅行好きな私は、楽しみがたくさん

密かに撮り鉄子な私は、秋田新幹線、東北新幹線、リゾートしらかみに、テンションアップ❣

東京駅でみた新幹線(コマチ)に心の中で「わぁ〜〜〜〜〜かっこイィィ」とエキサイトしまくりでした。

IPHONE撮影(はやぶさ・こまち)

東京駅は人でいっぱい・・・IPHONE撮影

秋田まで新幹線で、そこから憧れのリゾートしらかみに乗車する予定・・・

東京から秋田までの4時間以上の乗車は少しだけ疲労しましたふらふら

秋田駅到着

リゾートしらかみ(特急)に乗るまで2時間も時間があります。時間があるようなないような時間です。ふらふら

さて、、、どこ行く?猫2

秋田市民市場

ちょうどお腹が空いてお寿司が食べたかったのと、お魚が大好きな母に新鮮なお魚を届けたくて、事前に少しだけ調べた秋田市民市場へ行くことに・・・・るんるん (音符)

駅から歩いて5分ほどなので有難いです目がハート (顔)

回転すし

まずは、市民市場にあるまわるお寿司。

角の席で食べづらい。笑 IPHONE撮影

中トロ、大トロ、タコ、イカも東京で食べるより、安くとても美味しかったです〜わーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)

日本海のお魚が食べれて幸せ・・・・黒ハート

ごちそうさまでした♪

母さんにお土産

秋田市民市場では、荒巻鮭や筋子や明太子が多く売られていました〜魚

ここから直送で東京に明太子や鮭を送ることができました車 (セダン)

近くにいるおばちゃんがこれが甘いとか、しょっぱいとか、色々教えてくれたおかげで美味しいものが買えました魚

おばちゃん、ありがとう黒ハート

ネットで買える時代だけど、やっぱり会話が嬉しいです〜黒ハート

 

お寿司食べてお土産を買ったらもう時間間際になってしまいました。2時間はあっという間だぁ。

本当は公園に行って探鳥したかったんだけど、時間がない〜あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)コムクドリに会いたかったぁあせあせ (飛び散る汗)

今日、1日はほぼ移動時間でおしまいです♪

さぁ、秋田駅に戻って、楽しみな列車に乗ろうexclamation

リゾートしらかみ黒ハート

リゾートしらかみの切符はネットで予約は可能ですが(えきねっとで予約)座席は窓際、通路側を選択できるのみで具体的な座席は選択不可でした。

その後、みどりの窓口で、乗車券をもらった時に席がわかります。

私は日本海を見たかったので窓際(A席)を選択しました。

リゾートしらかみのクマゲラという列車に乗車です♪

こんなに素晴らしいところを走ってます。

電車に乗ったまま、この風景を撮れないのが悔しいです。

楽しみにして列車に乗り込むと・・・・・あれ?

座席が4列で個別シートになっている(普通の特急や新幹線のように)と思っていた私は少し・・・・びっくり・・冷や汗 (顔)

個室のボックス席でしたうれしい顔

みんなでワイワイ楽しそうに座る席。真ん中にテーブルもあるうれしい顔  ボックス席。

私は一人(笑)

窓が大きくて最高だけれど・・・

私の席はこのボックス席の左側の席。

窓際って予約はしたけど・・・・こういう割り振りするんだなぁと心配・・・あせあせ (飛び散る汗)

ゆっくり自分の席までいくと・・・

そこには、おじ様が1名・・・・・私の席の真ん前に座っていたのでありました冷や汗2 (顔)冷や汗2 (顔)

 

「すみません、お邪魔します」

 

「あ、はい・・・・」

 

・・・・・

お互いに向き合って・・・・・ガタンゴトン・・・・・ガタンゴトン・・・・電車電車電車電車電車電車

二人で無言で、ガタンゴトン・・・・ガタンゴトン・・・・電車電車電車電車電車電車

そして、張り詰めた空気が1時間ほど続いたあと、その方は降りて行かれました。たらーっ (汗)たらーっ (汗)

しばし緊張の時間でありました冷や汗 (顔)

そこからは、日本海の風景が続く箇所を走り、素晴らしい景色を見ることができました。緊張が解けた瞬間ですうれしい顔

が・・・・しかし・・・・・帰りもこの列車・・。。?(笑)

ってことは・・・・・・???

考えるのやめよっ

行きは緊張の時間を過ごしたため、帰りの列車で楽しい時間黒ハートが待っているなんてことは、予想もしないのでありました。

みんな違う青

初めての日本海に心がワクワクです。

海は広いなぁ・・・・・大きいぃ〜なぁるんるん (音符)

るんるん (音符) 月は登るしぃ、日は沈むぅ〜るんるん (音符)

つい、口ずさんじゃいます・・目がハート (顔)

小さいころから家族や友達と見た海は全て太平洋でした。

自分の旅行では海外、国内で青い海もたくさん見たけれど、どれもみんな違う青波だった。

違う青波がみんな綺麗で、海を見るたび感動をしたものです波

海岸に沿って絶景ポイントが続く岩館駅

車窓からの景色が一番素晴らしい箇所、岩舘駅

水平線や青い海と木々の緑のコントラストなどが楽しめます。

窓越しに撮ったのですが本当に絶景でした〜ハートたち (複数ハート)


水は遠すぎて見えないけれど、透き通って綺麗のようです♪

あきた白神駅から岩館駅の間はアナウンスで海を紹介してくれて、徐行をしてくれるのがまた嬉しいです。

少しだけ天気が良かったのですがそれでも曇りがちな日でした。

十二湖到着

絶景を見て少し経つと、お目当の十二湖へ到着しました。くまげら号バイバイわーい (嬉しい顔)

もうすでに夕方4時前です。

青森は遠い・・・・・冷や汗 (顔)

アカショウビンの待つ池へ

少しだけ時間があるので、いくつかの池を目当てに森へ行くことに・・・・。

駅からバスで10分ほど。降りてからさらに歩きます。少し暗くなってきたためか、人が少ないです。

ん〜、なんだか心細い・・・たらーっ (汗)たらーっ (汗)

それに、ちゃんとした情報がないままの現地入りです。冷や汗 (顔)

キビタキがたくさん鳴いています。本当にたくさんいます黒ハート黒ハート いつ聞いても綺麗な声だなぁ。

長池までは、獣道みたいな場所も通るため、途中でかなり怖くなりました。がまん顔

人がいないのです。おそらく夕方なため、皆さん帰ったあとなのでしょう。

暗くて、水が濃い感じがして、さらに森も深く、まるで神様がいるような場所でした。

ようやくたどり着いた池には、可愛いカモファミリーだけが優雅に泳いでいました。

可愛いこの子が近めにいたので写真を撮らせてもらいました黒ハート

可愛い目がハート (顔)

暗めな場所なため、すぐに移動します。

観光で有名な青池

青池には、ようやく人がいて安心。わーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)

本当にインク色の青で驚きました♪濃い色なのに底まで透明です波

福島の裏磐梯の五色沼のブルー波とはまた違うブルー波

なぜか写真に写っている方2名が青池と同じ色の洋服着ているという偶然・・・

今日はもう遅いのでバスで再度、十二湖駅に向かい海に佇む宿へ行く予定です。

が・・・・・・・・double exclamation

遭難って・・・

なにを思ったか、逆方面の急斜面を登り、崩山方面に歩き出す私でありました・・・がく〜 (落胆した顔)

思い込みとは不思議なもので、こっちでいいんだと思い込むのです。これ、不思議です(笑)私だけ?

急斜面をかなり上がったところで

「あれ・・・ 」

と思い、携帯の地図を見ると、電波が繋がらず、自分の居場所がわからなくなりました。

少し歩くとようやく1本たつくらいの電波になり、確認をして見ると、自分が違う方向へ来ていることに気づきました。

最悪なのが、最終のバスが行ってしまったこと。たらーっ (汗)たらーっ (汗)

宿のご主人と駅で18:30に待ち合わせしていたのに・・・もう間に合いません。

急いで今来た道を戻り、バスがないため、タクシーを呼ぶことに・・・。

途中、余裕がないのに「日本キャニオン」で撮影をした私。(^^;)

駅に着くと、宿のご主人が駅で長い時間待ってくれていました。本当に申し訳ないですあせあせ (飛び散る汗)

いいですよぉうれしい顔と笑顔で迎えてくれたご主人、どうも有り難うございます。わーい (嬉しい顔)

心が温かくなりました。

何してんだろ、私・・・・

でも、宿に着いたら、そんな凹んだ気持ちが一気に笑顔になりました。

白神岳

こんな風景を見たから・・・・・・わーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)

一階の自分の部屋から撮影したものです。

まん前が海というか、波です(笑)

最高〜ですグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

そして、ここからとても最高の夜を迎えることになりました。

続く・・・

早朝の森山海岸

次の日の朝の動画です(IPHONE撮影)

今回も長くてしょうもないブログを読んで頂きありがとうございました

 

  • この記事を書いた人
keiko♪

keiko♪

野鳥写真を撮るのが趣味です♪ 東京・関東近辺を主に活動。

-D750, @青森県*十二湖

Copyright© HAPPY BIRDS*野鳥撮影の旅 , 2018 All Rights Reserved.