D750 ツバメ

下町のツバメ巣立ち物語

投稿日:

春になると、フィリピン、台湾から本州へ渡来するツバメ。

ツバメは人家で営巣し、人の生活圏のとても近い場所に生息し季節ごとの変化を楽しませてくれる一番身近な鳥で有名ですね。

自宅マンションに止まるツバメ母

 

一番身近な渡り鳥 ツバメ君

私も先日、自宅近くでツバメファミリーとの出会いがありました❤️

ツバメファミリーのお家家は、ビルの一階の車庫車 (RV)で少し暗い場所。雨風がしのげて暮らすにはとても安全そうな場所でした。

巣の下にはたくさんの糞がありました。

この巣を見守ってくれているオーナー、周りの人々の優しさを感じます。

 

とある夕方のツバメたち

雛たちは全部で4羽 ひよこひよこひよこひよこ のようです😍

私が見たときは、巣に3羽。巣の近くに1羽。

その一羽のツバメはほとんど飛ぶことができず、地面に落ちては羽ばたいて車の上に落ちては飛んで、ずっこけてを繰り返していました。

その間、残りの三羽も親に促され、巣を飛び出し、そばにあるスニーカーに止まったり、車のボンネットに落ちながら・・を繰り返し、ようやく近くの電線に止まることができました。

この瞬間の光景に出会えるとは思っていなかったので、夢中になってツバメたちの行動に見入ってしまい、写真はほとんど撮れなかったですわーい (嬉しい顔)

ツバメのお父さん♪

尾羽がなが〜いお父さん

その後、それぞれ飛べないため、ヒナたちは、バラバラになってしまいました。

その間ずっとお母さんツバメ(お父さんかな?)がそばで見守っています。

ツバメのオスメスの識別は、お母さんよりお父さんの尾羽がかなり長いことから、識別しています。

上の写真は他の写真と比べて長いので、お父さんかな・・・

集結場所は・・

ようやくパラパラと集まった場所はマンションのベランダでした学校

普段、自宅近くで望遠レンズを使うことがないのと、人の行き来も多い場所なので、かなり躊躇しながらの撮影カメラ

きっとはたから見たら、怪しいですよねっあせあせ (飛び散る汗)

でもその間、通行人がツバメに気づき、興味を持ってくれてかわいいハートたち (複数ハート)という声が多かったのがとてもとても嬉しかったです黒ハート

止まっているものの、お母さん、お父さんの行方を追って全く落ち着きません^^;

親の姿がなくなるとじっとただただ待つ子ツバメちゃんたち❤️

 

少しでも親の姿が見れると「ごはんごはん」コール!るんるん (音符)るんるん (音符)るんるん (音符)

(しかし末っ子はだんまりうれしい顔

末っ子君(一番左)・・・今頃母さんの存在に気づく・・・うれしい顔 キョロ・・・・

残りの一羽は、一人で佇む・・・・・ひよこ

そしてようやく兄弟勢揃い黒ハート黒ハート

(左から、長男・次男・三男・四男)←仮決あっかんべー

4羽揃って、親を目で追う黒ハート

右上へ・・・右斜め上

真上へ・・・グッド (上向き矢印)

左上へ・・・左斜め上  まだ来ないねぇ・・

お兄ちゃん!ママ、遅いねぇがまん顔

次男と三男は仲がいいです黒ハート

ママ遅いなぁ・・・

そして、ようやくママ登場グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

(ストーリーになっているので写真を撮った順番に掲載しますカメラ

わーい♪ ママ、僕にちょうだーいキスマーク とみんなが大きなお口をあけているよ。

まずは、長男くんハート

他の子の心の声・・・「僕じゃなかったのね失恋

そして・・・また行っちゃった・・・ウィンク

するとすぐまたママが登場〜揺れるハート

そして、次はもちろん、次男くんにひよこ

次男くん、やったね♪目がハート (顔)

この後、次々と・・・・間髪を入れずにお母さんが♪

どうやら、右から順番に上げているようですdouble exclamation

三男くんももらえました♪

四男くん、まだ僕の番じゃないのォ・・・・・がく〜 (落胆した顔)がく〜 (落胆した顔)

でも、もちろん、すぐにお母さんやってきます!

四男くん良かったねうれしい顔 もらえないかと思ったね冷や汗 (顔)

それにしても、順番であげるなんてすごいなぁとずっと感激しながら撮っていました♪

それでもまだ子供たちはお腹が空いてるようですたらーっ (汗)

四男くんが終わると、また長男に戻るところがまた驚きでしたうれしい顔

途中、三男くん、下に落下する事件発生たらーっ (汗)たらーっ (汗)

他の兄弟は、あ、落ちちゃった・・・・・たらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)と見てるだけぇ・・・わーい (嬉しい顔)

この後、暗くなってきて撮影が難しくなってきたので目で追っていると、少しずつバラバラとどこかに飛んで行ってしまいました。

おそらく、同じ巣に戻ったと思われます。

自宅の近くでこのような巣立ちの様子を見ることができて感激した1日となりました。

普段、鳥に興味のない娘も毎朝鳥の巣をのぞくようになり、「今日は二羽いたよぉ」と教えてくれるようになりましたラブレター

写真を見せても、いつも「へーボケーっとした顔ボケーっとした顔」と興味のない娘でしたが、

ツバメの赤ちゃんの写真は「かわい〜黒ハート黒ハート」と絶賛してくれますうれしい顔

普段動物や自然に触れることがない方でも街や駅でツバメを見かけた人たちが、優しい気持ちになれたら嬉しいですムード

 

BIRDER 5月号

BIRDER の本も5月号は「ツバメ大特集」でした♪

高校生の研究結果などもあり、興味深く面白かったです。

付録でツバメのすごろくもついてました指でOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon サイト

 

 

いつも長いブログを読んでいただきありがとうございますハートたち (複数ハート)ハートたち (複数ハート)

 

  • この記事を書いた人
keiko♪

keiko♪

野鳥写真を撮るのが趣味です♪ 東京・関東近辺を主に活動。

-D750, ツバメ
-

Copyright© HAPPY BIRDS*野鳥撮影の旅 , 2018 All Rights Reserved.